株式会社YES

商いの道とは、すなわち人の道 石田梅岩

YESについて

正直、勤勉、倹約、自立。
商いの道とは、
すなわち人の道

正当な経済行為の結果としてもたらされる富は、何ら恥じるものではない。堂々と儲ければよい。
ただし、その利は正直と倹約によって得るものでなければならない。
また、その財は最終的に世のために役立てなくてはならない。

  • あるがままの姿が、
    あるべき姿である。

    人間は生まれたときの裸の状態が最も正直で、以降、成長するにしたがって欲という着物をきていく。倹約はその生まれながらの正直に返すための方法なのだ。

  • 勤労がもたらす最大の恵みは
    「安らぎ」である。

    自分がすべきことに懸命に努めていれば、肉体的な苦労は多いだろうが、精神的には安楽が得られる。勤勉によってもたらされる安楽こそ、労働から得られる最上の喜びである。

  • 我を立てよ。

    自分の足で立って、自分の頭で考え、自分の意志で自立したひとりの人間として行動せよ。我を立てることがめぐりめぐってお客様への忠義となる。

  • 利他的な目的をもった節約を。

    倹約することの心がけの中には、おのずと人を愛するという道理が備わっているものである。三つ使うところを二つですませればひとつ余るが、そのひとつを自分のためでなく、人を助けるために使うべく蓄えるのが真の倹約。私欲のためでなく、「世のために」という利他的な目的をもった節約でなくてはならない。

今から300年以上前の江戸時代、石田梅岩先生はこのように説かれました。
私たち株式会社YESは、この教えを商人道として大切に心に刻み、
単に経済効率のみを追求することなく、人間中心とした哲学ある経営を目指します。

株式会社YES 代表取締役 長谷川 保

主要参考文献「魂の商人 石田梅岩が語ったこと/山岡正義(サンマーク出版)、『都鄙問答」と石門心学/由井常彦(冨山房インターナショナル)」

「YES」は、最も肯定的な言葉。
人を尊重し、意見を大切に聞き入れ、
まずは理解する姿勢。
理解することから始まる、
自由で豊かな発想、発展。
自己や他者を肯定し、
思いやり、幸福を望むこと。
自らを越えて、
他者や社会に貢献する喜びを知ること。
そして分かち合うこと。

YESは、こうした思いを原点に
誕生しました。

コンセプトロゴマークに込めた想い

伝統的な井桁紋をモチーフにしたロゴマークです。「水清ければ月宿る」井戸は古来より神聖な場所とされており、井桁は命の要である水を守る重要な役目を担っていました。
YESの「Y」と「人」を図形化。集う人たちの強い信頼の繋がりや、熱量の高いチームワークを示しており、四方が連結されている井桁の構造が、組織そのものの強固さを表しています。また、格子の形状は上下左右に途切れることなく終わりのないイメージであり、「永遠」や「発展」「繁栄」の意味を持ちます。

事業内容

会社概要

株式会社YES
長谷川 保
東京都国分寺市並木町二丁目23番地5
美創空館B1
2014年5月1日
1,000万円

お問い合わせ